脱毛 上野

脱毛出来ない部位について

最近の医療レーザー脱毛は、機器の進歩により以前では脱毛が難しかった部位でも脱毛が出来るようになってきています。

 

現在の医療レーザー脱毛では、粘膜以外の部位であれば基本的にはすべて脱毛が可能であり、IOラインのようなデリケートな部位でも対応できるようになりました。

 

しかし、レーザー脱毛はメラニン色素などの黒い部分に反応させて脱毛を行う方法であるため、シミやホクロ、黒くなったアザなどがある場合は、火傷の恐れがあるため照射することが出来ません。

 

また、肌に傷跡がある場合も照射をしてもらえない場合があります。

 

さらには日焼けして黒くなった肌にも照射できない場合があるので日焼けには注意が必要です。

 

色素沈着が起こっている肌にも照射出来ないため、小さなシミやアザなどの場合は、上からシールを貼ってその箇所をガードしてから照射を行う場合もあります。

 

医療レーザー脱毛では適切なカウンセリングが大変重要になってきます。

 

毛の質や量はもちろん、肌の質や状態も個人差があります。

 

 

不要なトラブルを避けるためにもきちんとした知識を持ったスタッフによるカウンセリングが重要なのです。

 

その点、医療機関では医師や看護師によるカウンセリングが受けられるだけでなく、自分の毛や肌に合った脱毛方法を相談することも出来ます。

 

脱毛だけではなく人体の仕組みや肌のケアなど、幅広い知識を持ったスタッフにカウンセリングをしてもらうことが安全できれいな肌を保つことにも繋がります。